引っ越し代を安くする10の方法を伝授します。【単身・一人暮らし】実体験!林先生の初耳学でも、、

れお

こんにちは。

今回は「単身・一人暮らしの方」向けの引っ越し代を安くする方法です。

実体験を元に書いていますので、お役に立てれば嬉しいです。

まずは、引っ越し代っていくらかかるの?
と思いますよね。
はっきり言って、安いところから高いところまで様々です。
と言うか、、、、いい人すぎると損する事があります 涙
悲しいですけど(*≧∀≦*)

引っ越し代を安くする10の方法を伝授します。【一人暮らし】実体験です!スタート

れお

私は20年の間に15回も引越しをしました。

その中で「なるほど〜!!」

そういうことねぇ〜

と分かったことが沢山ありますので、今回記事にしてみました。

結論から言いますと、見積もりは必ず3社以上から取る!値引き交渉をする!安い時期を探す!自分でできることは自分でする。
これだけでかなり違います。
手間はかかります。でも、この記事をご覧になっている方は「安くしたい!」と思って当ブログにたどり着いて頂いていると思いますので、頑張りましょう。あなたの頑張りで数万円安くなる事があります。

①見積もりは必ず3社以上から取る!

はじめは一社に見積もり依頼して価格交渉していました。
それでも「もう少し安くなりませんか?」と言うと安くなっていましたので
得した気でいました。
しかし、1社で値引き交渉して「安くなった!」と思ってはだめですよ。
そもそも相場を知らないですね。
ある引っ越しの時、ネットで「単身引っ越し一括見積もり」と言うのを見つけました。
そこで申し込んでみたら数社から連絡が来て、実際に見積もりを依頼してみると
これがビックリですよ!!!!!
れお

まじですか?

こんなに違うの???ってなりました。。。

私が見積もりをお願いしたのが、単身引っ越し1DK 近距離 時期:繁忙期以外 全部お任せ(梱包から全て)※引っ越し先では自分で出します。
●A社   12万円
●B社   8万円
●C社   10万円
自分ではそんなに荷物はないと思っていたのですが「水槽」が厄介でした。
それと8年くらい住んでいた場所から引っ越したため意外と物が増えていました。
まず言える事が、1社めは不利ですね。ジャンケンと同じです!
2社めは相手が何を出しているか分かるから。
聞きにくそうに聞いてこられました。
「他社さんはおいくら位?お値段頑張りますよ!」
3社めはもっと有利ですよね。
でも、違ったんです。
そんなに値引きを言われなかったんです。
「なるほど〜」全部そうじゃないのか。と、また勉強になりました。
そこで2社めに来てもらった、引っ越しのサ○イさんに再度交渉しました。
5万円なら契約します。と、、、結構無謀な事言いました。
しかし、
結果:条件付きでOKでした。
その条件は、他の引っ越しが終わった後と言う事でした。こちらは下の方で徐々に説明していきます。
注:繁忙期は業者さんも強気です。そんなに安くならないかもしれませんが比べるのは良いと思います。

②時期、時間をずらす。林先生の初耳学でも!

時期はとても大切です。
繁忙期はやっぱり高いです(3月〜4月)
3月〜4月しか無理な方はどうしようもないですが、曜日、時間によっても変わってきます。
例えば、上記で書きましたが、どこかで引っ越しが終わった後とかです。
私の場合も3時以降で良いなら安くします!と言われました。
れお

そしたら初めは2人で来られていたんですが、なかなか荷物が多くて

7時過ぎたくらいから3人、4人、5人と他の仕事が終わった方が応援に来てくれました。

結局、10時前くらいまでかかりましたけど、、、

2人だったらどうなってたんだろう 汗

※時間が遅くなる場合は不動産屋さんや管理会社、もしくは大家さんに断っておく方がいいです。

追記:たまたま今日「林先生の初耳学」で放送されていましたが

「絶対に失敗しない引越し術」でも言ってました。

魔法の言葉

「日程はお任せします」

で、かなり安くなり、引越し業社さんも助かるらしいです!

③赤帽を使う!

赤帽さんもかなりお世話になりました。
赤帽って???
赤帽は中小企業等協同組合法に規定されている「事業協同組合」。 農家が集まって組織した「農業協同組合(農協)」や、漁師が集まって組織した漁業協同組合(漁協)と同様の組織で、貨物軽自動車運送事業者である赤帽組合員が集まって組織化されたものです。
つまり、赤帽組合員は農家や漁師と同様に、それぞれが独立した「個人事業主」、俗に言う「オーナー」という位置付けになります。
全国各都道府県に44の協同組合が存在し、約180ヵ所の組合本部、支部、営業所等の拠点がございます。
引用:akabou.jp
れお

わかりやすく言うと赤帽という組織があって

個人のオーナーさんがいて仲間で助け合ってやってる感じです。

私は、5回くらい赤帽さんにお願いしましたが、それぞれで違いました。

こちらも見積もりを取るか、電話で料金を聞いてみることをお勧めします。

大体の荷物の量、どこからどこまでの移動なのか?電話で数件聞いてみると値段の違いや対応の感じがわかります。

作業員さんが1人でいいのか?

※自分が手伝えばやすくなる可能性がありますので

個人でやってある方が多いので良い所もありますが、ちょっと残念なこともあるかもしれませんので
やっぱり比べてみましょう。
ちなみに私は
名刺をもらってここ数回は同じ方にお願いしています。

赤帽さんと自分で出来る事を併用するとさらに良いです

車を持っているのであれば自分で出来ることもありますよね。
冷蔵庫、洗濯機、ソファー、エアコンなどマイカーでは無理なものだけお願いすれば安くなりますよ。

基本的に赤帽さんは軽トラックで、時間と人件費で料金が変わります。

ですので冷蔵庫1個でも、いっぱい載せてもらっても変わらない場合が多いです。

それなら出来るだけ乗せてもらいましょう。

次に詳しく書いていますが、自分で出来ることは自分でやると、もちろん安くなります。
梱包も^_^

④なるべく自分でやる。もしくはできることは自分でする!

少しでも安くしたい場合は、なるべく出来ることは自分でやりましょう!
荷造りはとても大切です。
段ボールなどの梱包資材は、前もって届けてくれるところがほとんどですので、お皿や衣類、雑貨など手間がかかるものは自分で梱包しましょう。
さらに安くしたければ、段ボールさえも自分で調達しましょう!ドンキやスーパーなどでお願いすればタダでくれます。
お任せパックなどにすると高くなります。人件費がかかりますので!

⑤レンタカーを借りて引越しをする

一人でやったり、女性は特に難しいかもしれませんけど
レンタカーを借りて引っ越しする!と言う方法もありますよね。
れお

私もこの方法は結構やりましたよ!

トラックを借りたり、普通のワンボックスカーを借りたり

実は私のお気に入りのレンタカー屋さんは

なんと

1日、24時間で3,000円なんです。(トラックはありません)

マイカーがある方は、ご自分の車に乗らない冷蔵庫とかだけレンタカーで運ぶと良いですね。

⑥不用品は処分する。もしくは売る

引越しを期に不要なものは処分するのもいいでしょう。
地元のリサイクルセンターでは出張買取りもやってくれます。
でも、ここでも3社くらい見積もりを取った方がいいです。
れお

私はひどい目に遭いましたので、、、、泣

見積もりを取らずに、引っ越し前日に来てもらったところ

ベッドは買い取れません!引取費がかかります。

ソファーも若干ヤケがありますので300円とか、、、、他にも酷かった 汗

メルカリとかジモティーで売ったら10倍以上になりますよ!!!!!!!

きちんと準備して手間をかければ、引っ越し代くらいになるかもしれませんよ。
ただし、ネットで物を売るのは初めての方は難しいかもしれませんね。
ソファーやベッドなど配送が難しいものは「ジモティー」洋服やバックなど小さい物は「メルカリ」「ラクマ 」がオススメです。
今後、記事にしたいと思います。

⑦荷造りを全部自分でする

上記の内容と被りますが、引っ越し屋さんには運んでもらうだけの状態にしておく!
自分でレンタカーを借りて引っ越すのなら
荷造りは自分でしますよね。
そこで、ほとんど引っ越し屋さんにやってもらわなくていい状態を作って見積もりを依頼してみましょう。
例えば
●ベッドは解体しておく
●テレビなどの配線類も外してまとめておく
●洗濯機のホースなども外しておく
●もちろん食器類の箱詰めもです。

⑧田舎の場合は親兄弟、友人に頼む

私は結構田舎で育ちました。
田舎は車がないと生活できないため一家に一台どころか「一人1台」車を持っています。軽トラックがあったりもします。家になくても親戚や近所のお宅から借りたり!
親兄弟にお金は払わないでしょうし、友達にもお金は、、、なんか違います。
しかし、
れお

昔の話ですが、友達が10人くらい来てくれて

お礼に「焼肉」を食べに行ったんですよね

お会計が、、、、汗

それでも感謝です(*^_^*)

⑨台車を使って自力で引っ越す! 汗

れお

これは冗談じゃないですよ、、、、

実際に私はこれで引越ししました。

近距離だったため可能なことですが

一週間くらいかけて台車のみで引っ越しました。
あっ、、、さすがに一人じゃなかったです 汗
彼女と二人で徒歩5分くらいの場所に引っ越したので

⑩SNS、ネットなどの口コミを見て安い業者さんを探す方法

ツイッターなどで「引っ越し 見積もり」などで検索してみてください。
こんな感じに

こちらの方は21万円→7万円
そうとう違いますよね!

こちらもやはり安くなっていらっしゃいますね。

 

Twitterをやられている方は是非見てみましょう!

 

他に、インターネットで検索するときは「引っ越し 安い ○○県とか△△市」など地域を入れると、地元の業者さんも含めて書いている記事がありますので参考にされてみてください。

ポイント:業者さんのサイトではない方がいいですね。

「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」などを参考にされてもいいと思います。

まとめ:引っ越し代を安くする10の方法を伝授します。【単身・一人暮らし】実体験です!林先生の初耳学でも、、、

まとめです!

必ず3件は比べてみましょう!

 

やはり安く引っ越しを行うためには頑張って調べたり、自分で出来ることをやるべきでしょうね。

 

時間がないと言う方はしょうがないですが、、、

 

一括見積もりだけでもやってみましょう!

 

ズバット引越し比較というサイトもありますので、簡単な情報を入力するだけで比較もできます。


こちらから簡単にできますよ!

 

あなたの現在の住所、引越し先の住所、単身か?家族か?テレビ、冷蔵庫、ソファー、ベッドなどを入力して

電話番号、メールアドレスを入力すると一括で相場がわかります。

 

○○様のお引越しの相場は△△円〜△△円です。

 

みたいな感じです。

 

その後、各引越し屋さんからメールなり電話がかかってきます。

 

ご自分のライフスタイルに合わせて比較検討しましょう!

 

簡単なので是非利用してみてください。

 

それでは良いライフスタイルを!

>まみねっと ❤︎

まみねっと ❤︎

素敵な明日になりますように、、、     ファッション、ビューティ、ライフスタイル、そしてLOVEを中心にお届けいたします。

CTR IMG