おしゃれ女子の一人暮らし・カーテン選びは大事ですよ!〜外からの視線を遮るためだけではない〜

一人暮らし

カーテン選びは大事です!

初めて一人暮らしをするときに「ソファー」や「テーブル」「ベッド」を買う前に

まず必要なものですね。

しかし、カーテンを選ぶときに「種類が多すぎてわからなくなる」という意見が多いのです。

難しいと考えている方が多いみたいですね

今回は「基本」をご紹介させていただきます。

なるべくわかりやすく、ご説明していきますね  

スポンサーリンク

デザインから考えたカーテン

デザインから見てみると、難しく考えないようにするには

はっきり言えば、二つに一つです。

存在感を出すか?出さないか?

カーテンを買いに行くと、つい目が行くのはインパクトのある柄や、色だと思います。

しかし、ちょっと待ってください。

カーテンの占める割合は意外と多いんです。

そこに大胆な配色を持ってきてしまうと、全体のカラーが決まってしまいます。

参照元URLhttps://www.nissen.co.jp/coord/0000004304?anken=NH14SP002_PC_femicode01

  こちらは「可愛らしい」お部屋のコーディネートですね。

「カーテン」もピンクがとっても可愛いです。    

可愛いお部屋にしたい場合は「ピンク」はオススメです。

参照元URL:https://www.nissen.co.jp/coord/0000004369?anken=NH14SP002_PC_simplecode01

「シンプル」なコーディネートです。

アイボリーのカーテンを使っていますね。

個性的な色は使わずにまとめてあります。

スッキリしていて清潔感もありますね。 

参照元URL:https://www.nissen.co.jp/s/interior/NH14SP002/

シックで「ゴシック調」のコーディネートになっています。

黒系の濃い色のカーテンです。

今、3枚紹介させていただきましたが、

ご自分の「好きなタイプがはっきりしていない」おしゃれ初心者さん は、いきなり思い切った配色の「カーテン」を選ぶのは避けましょう。  

なぜ?

今から、カーテン以外にもいっぱい色が入ってくるからです。

確認しておきたい色

  • ベッドカバー・布団カバーの色は?
  • カーペット・ラグマットの色
  • ソファーのデザイン
  • クッション
  • 雑貨や小物
  • 化粧品・香水
  • 壁にフォトフレームや鏡をかける場合のデザイン

迷ったらカーテンは「無難な色」にすることをおすすめします。

地味にならない???

大丈夫です!

カーテン以外の色の方が色は入れやすいです。

例えば「お花」や「クッション」などは季節によって変えても良いです。

お洒落にするコツ最後にもご紹介しています。

機能面から考えたカーテン

まずはカーテンを選ぶ場合に考えておきたい「機能面」を少し考えておきましょう。

朝起きてカーテンを開ける。

昼間はレースカーテンで過ごします。

レースカーテンは昼間は外部から中が見えないようにしてくれます。

しかし夜になると、外が暗く、室内が照明で明るくなるため、レースカーテンだけでは丸見えになってしまいます。

そこでドレープカーテンを閉めます。大抵これで外からは見えません。

一人暮らしの場合は少し違ってきます。

女性は特に、厚手のカーテンも閉めっぱなし!

という方も多いようですし、一切、部屋の明かりが外に漏れるのが嫌!

というのも理解できます。

その場合は遮光カーテンをお勧めします。

狭い部屋には濃い色はNG

次に、お部屋の間取りから「カーテン」をみてみます。

一人暮らしの場合「狭い部屋」が多いと思います。

狭い部屋に濃い色のカーテンをつけると圧迫感が出てしまい

余計に「狭く」感じてしまいます。

下の写真は片面に「ブラインド」を着けています。

壁の延長に見えますね。

ここに「カーテン」があったら窮屈ですね。

参照元URL:https://www.pinterest.jp/pin/535928424398070131/

配色も大事なポイントです。

無難な色を使うことで全体のバランスがお洒落になっています。  

ウインドウトリートメントの種類

一応「カーテン」の種類もご説明しておきます。

ウインドウトリートメントにはいろんな方法があります。

ドレープカーテン一般的に使う厚手のカーテンのことです。 生地の素材や、機能性、デザインなどで用途にあった選び方をします。ドレープカーテンは奥が深いので、後の記事で紹介していきます。

レースカーテンその名の通りレースのカーテンです。 外からの光を調整しながら、外部から部屋の中を見えにくくしてくれます。

シェードなどカーテンの生地や、レースの記事を使って、上下に昇降できるように特殊な加工をします。 ローマンシェード、バルーンシェードなどがあります。

ブラインドヨコ型一般的なブラインドです。

ベネチアンブラインドと呼ばれたりもします。

以前よりずっと種類も増えて、ただの事務所用ではなく、一般家庭でも多く使われるようになってきました。ウッドブラインドなどもあります。

ブラインドタテ型(バーチカルブラインド)こちらも以前は事務所とか、病院の待合室みたいな印象でしたが、本当に最近ではおしゃれなデザインが多くなった印象があります。

ヨコ型ブラインドとは違って、素材が生地でできているため冷たい印象がありません。

また、色やデザイン柄もたくさんありますので、オシャレですよ!

スッキリとおしゃれにしたい方にはオススメです。

ロールスクリーン、ロールカーテンロール状に、クルクルっと生地を巻き上げていくタイプです。

デザイン性もありますし、遮光など機能的なものもあります。

しかし、あくまでも一枚の布ですので、大きい面積につけると、なんだかのっぺりした感じになってしまいます。

あと、風には弱い印象です。

プリーツスクリーンジャバラみたいにプリーツ加工をしたスクリーンです。

上にたたみあげるタイプになります。

布製や和紙のものがあります。

和紙のプリーツスクリーンは現代のお家の和室に最適だと思います。

また、光を柔らかく、実にいい雰囲気で取り入れてくれます。

カーテンの基礎知識

デザイン面だけではありません。

快適に生活するために必要なものなのです。生活スタイルに合わせて考えましょう。

カーテンは何のために付けるのか?

外から見えないようにするため?

外からの冷気を遮断するため? インテリアに必要だから?

どれも正解ですね。

カーテンには機能的な商品が沢山あります。

洗えるカーテン、

遮光カーテン、防炎、防汚、防音

光を反射させて熱を室内に入れないようにするカーテン

など機能的に考える選び方もあります。

小物をうまく使っておしゃれ感を出そう!

無難な色のカーテンも、小物をプラスすると、一気にオシャレになります。

また、室内の雰囲気とマッチさせる配色や、柄を合わせることで統一感が出ます。

普通はカーテンを買うと一緒にタッセル(カーテンを止めるやつ)が付いてきますが、それにアレンジしたり、別売りのタッセルを購入したりすると良いでしょう。

造花をクリップで止めたり、いらなくなったアクセサリーも活躍しますよ!

カーテン選びで迷ったら、無難な色を選びましょう。

無難な色を選び、小物などで演出して、オシャレさをプラスすれば良いんです。

お洒落なタッセル

 

小物を使ったアレンジ

アレンジ2

お花などを使ってアクセントをつける方法です。

「ピンク」か「紫」で随分印象が違ってきます。

まとめ

いかがでしたか?

カーテンを「インパクトのあるデザイン」にする方法ももちろん素敵です。

こちらでは、後にお洒落に変更があったり、コーディネート初心者さんへのアドバイスとして提案させていただきました。

ご自分の好みにあった選び方をしましょう。

全体を考えないといけませんが、コーディネートを「楽しむ」ということを忘れないように。

一人暮らしを楽しみましょうね!

cocokara編集部 まみねっと ❤︎  りな